救急外来の医師募集

現在、少子高齢化の影響や、日本三大疾病などの疾患の増加により、年間急外来を受診する人口は増える一方です。(救急車にて受診する人も含む)日本の救急件数においては、平成35年まで増加し続けるという予想も立てられています。

そういったことが原因で、一人当たりの医師の負担が大きくなり、地方病院の医師数が不足しています。

一人当たりの負担を減らすためにも、医師募集をかけている地方病院は非常に多いです。

あなたの助けを求めているのは患者さんだけでなく、医師も同じなのです。もし、医師募集先を探しているのであれば、ぜひ地方病院への勤務をおすすめします。

医師アルバイトって誰でもできるの?

医師バイトというのは誰でもできるようなものなのでしょうか?当然医師とついているだけあり医師免許を持っていない人はそもそも募集要項から外れていると思います。では医師免許を持っていれば誰でも働くことができるのでしょうか?

仮に万が一他の病院で働いていたとしても2つかけもつことができるのでしょうか?まず掛け持つことができるのかという所ですが、多くの病院では副業、医師場を認めています。そのため今正社員として働いている病院があったとしても、他の病院ではたくことが可能です。この副業、アルバイトがOKという点は一般企業と大きく変わっている点です。

たくさんの医師が医師アルバイトをしています

若手を中心に医師アルバイトをしている医師はとても多いです。

アルバイトの内容は様々で、コンタクトレンズの販売員や健康診断の医師などとてもたくさんのバイトが存在します。特に人気なのが地方病院での非常勤医師バイトです。

地方病院での医師アルバイトが人気なのには理由があり、普段勤務している大学病院では、1人の患者に対し複数人の医師でチームを組み万全の状態で治療を行います。しかし地方病院では、チームを組む程の医師が在籍をしていないので、診察中は指示を含め自分で全ての結果を出さないといけません。

判断力や知識などを増やすことが出来るので、地方病院での医師アルバイトが人気です。

大きな病院が医師募集

大学病院や総合病院など比較的大きな病院が医師募集を行う事もあれば、どこの街にでもあるような身近なクリニックや小さい規模の病院が医師募集を行う事もあります。

これらの規模や大きさが違う病院では扱う患者の症状も異なる事が多い様です。

小規模の病院では風邪や怪我など命に関わる事は少ないが、普段の生活に影響が出るという症状を抱えた人が多い様です。そして、大規模の病院で大きな怪我や病気などをした人がやってくる事が多い様です。

自分はどんな医療を専門的に扱いたいのかを考えましょう。

さまざまな勤務ができる医師アルバイト

政府でも働きかた改革が進められていますが、同様に医師においても自由に働きたいと思っている人は多いようです。そのような人に向けてさまざまな勤務ができる医師バイトがあります。この医師アルバイトに関しては常勤との掛け持ちも許されていますので、さまざまな医師がおこなうことができます。

基本的には医師が足りない現場に行きますので、働きがいがあるでしょう。さまざまな医師アルバイトがありますので理想に合わせた働き方を叶えることができるでしょう。さまざまな診療科目から医師求人がでてきていますので、希望の場所で働けるかも知れませんね。

関連情報ページ

TOP > 医師募集