医師転職は回数よりも勤続年数

医師の人手不足から売り手市場でもありますが、比較的転職回数が多い医師転職は不利かどうかというと、多すぎるという事よりも勤続年数に注目する医療機関が多いでしょう。

常勤という医師募集なのに1年毎に転職を繰り返すとなるとさすがに医師でも就職には不利と言えます。

職業柄4回5回やそれ以上する医師も多く、多くの医療現場を見て独立を最終的にはしたい等、特に目的を持った医師転職であれば歓迎とする医療機関も多いです。反対に一度職に就いてしまうとなかなか退職意思を示しても辞めれないという事もあり、引き止められる事はよくあります。

医師転職はよくあることです

医者はまさに非常に素晴らしい職であり、仕事自体もたくさんあります。そして、意外と医師転職をすることが多いのです。そうはいっても医者を辞めるわけではなく、要するに違う病院に勤める、ということです。

医師転職ですが今時はネットで探すことがメインになっているといえるでしょう。それがまずは基本中の基本といえるような探し方になっています。もちろん、伝手があり、それを利用する、ということも多いです。

しかし、自力で探すほうがキャリア的にも、派閥的にもしがらみがなくなるので、と考えて自分でネットを用いて探す人が多くなっているのは事実です。

インターネットで医師転職をおこなう

病院などの医療機関で勤務する医師に至っては、転職などをしていないイメージがありますが、実は多くの医師が医師転職をおこなわれています。

医局の力が大きかった時代には、医師転職がしにくいような状況もあったようです。しかしながら、現代においては医師も転職がしやすくなり、さまざまな医療機関などに転職をおこなっているようです。

医師転職をおこなうにあたっては、さまざまな方法がありますが、最近ではインターネットでの医療系の転職サイトを利用して転職をおこなうことが支流になっています。さまざまなサイトがありますので、活用する事ができるでしょう。

医師転職をすることを周りの人に言うべき?

医師転職考えていたり、実際に現在活動していることを周りの人に言うべきなのでしょうか?少し迷ってしまいますよね?

しかし実際には決まるまでは言わない人の方が多いようですし、わざわざ「自分は転職活動しているのだ」と言ってまわる必要もありませんので、聞かれない限りは黙って活動しておくことをお勧めします。上司などに伝わってしまうと、かりに病院の中のルールを破っていなかったとしても少しやりづらくなってしまいますし、人間関係に亀裂が入ってしまっても周りの迷惑です。

ただし自分しかできないような業務を持っている人は後からその仕事をする人が困らないようにしてあげてくださいね。

医師転職をおこなう意義について

日本全国には、数多くの病院、診療所がありますが、現在勤めている病院や診療所に満足している医師は、どのくらいいるでしょうか。医師の残業時間が問題になったことがありますが、働き通しだと体力にも限界がありますし、昨今はワークライフバランスの重要性も叫ばれています。

万が一、勤務先の病院や診療所などに、何か不満があるのであれば、是非とも新たな病院や診療所に行く医師転職をしてみるのはいかがでしょうか。人生は一度しかありません。それをいいものにするかは自分次第なのです。興味があるなら、医師転職サイトに登録してみましょう。

関連情報ページ

TOP > 医師転職 > 医師転職は回数よりも勤続年数