医師転職と院長について

医師転職、お医者さんが転職をする場合、例えば実家の都合など、親御さんの老後の面倒を見なければならないという理由や、家を継がなければならないという事情などがある場合、例えば東京などで病院勤務をしていた場合でも、地方の地域に、医師転職をすることがあります。

その際には、転職の際の、面接官として、その病院の院長が面接や合否などを決めることがあり、また、そのときにはどのような科で働いていたのか、ということや臨床経験がどのくらいありますか、ということなどを聞かれるなど、色々な種類の面接があると言われています。

医師転職は興味を持って行いたい

興味が無いのに転職活動を進めている話などはよくありません。かなり失敗する傾向にありますし、詳しい情報を得られないまま進めていくようになりますから、当然苦労する部分は多くなってしまうでしょう。

問題なく医師転職を行いたいなら、興味を持って考えていくようにしてください。どの部分に興味を持っているかわかっていれば、意外と問題が起こらないまま進められるようになり、安心して選べるようになります。

転職サービスを使っていく場合も同じですが、個人的に安定しているような方法をしっかり取るようにして、いいイメージで行ってください。

多い医師転職の希望について

医師転職を希望する人は多いです。医師の求人も常時多数あります。

残業が多すぎるのでもう少し残業の少ない職場に移りたいとか、当直ができない状況になったので当直をしなくともよい医師求人に応募したいとか、子供が生まれたので子育て支援のある保育所のある所に移りたいとか、最先端の医療技術が学びたいので都心の病院で働きたいとか、のんびり暮らしたいので地方の診療所で働きたいとか、医師といえども、思う事は一般の会社員と変わりません。

医師の転職をサポートする専門のスタッフがいます。収入や待遇の事などすべて代理で交渉します。

仕事をしながら進める医師転職

できるだけ医師転職をする際にブランク期間をできるだけなくしたいという事で、仕事をしながら医師転職に向けてアクションを起こす人もいます。

医師の仕事は、休日でも業務の対応をしないといけない事もありますので、とても大変だと思われます。そんな中で時間を見つけて医師転職をするのは容易な事ではないでしょう。

しかし、医師転職は、以前とは異なりスマホでも行う事ができますので、取り掛かりやすくなっています。

また、ちょっとした時間があれば医師転職の求人探しをする事ができますし、時間帯に関係なく行う事ができます。少しずつしかできなくても、コツコツと積み重ねる事によって、きっといい結果となる事でしょう。

医師転職の理由と働き方について

医師という職業は安定していて報酬も高額な印象がありますが、それでも、一般と同様、医師転職をする人も多くいます。その理由も、社会的にも問題になった拘束時間と長時間労働が原因だったり、家庭との両立のため、給与や人間関係など、実にさまざまです。

自分にとってより良い条件で働きたいと思うのは、当然のことでしょう。医師転職では、探し方も働き方も異なり、情報サイトやエージェントを上手く活用して、条件別、勤務地別などで探すことができます。また、常勤で病院に勤めるだけでなく、さまざまな職場を複数かけ持つ非常勤の医師という選択も広まってきています。

医師転職サイトを上手に活用しよう

仕事に追われていて家庭が疎かになってしまっている、勤めているところでは症例数に偏りがあって資格取得が難しいなど、さまざまな理由で医師転職を検討する方がいます。働きながら効率よく転職活動したいなら、医師転職サイトを活用しましょう。

勤務地や給与など望む条件から候補を絞ることができますし、情報誌には載っていない会員限定の求人情報もあります。転職エージェントにサポートしてもらうこともでき、情報収集の手間を減らしたい方におすすめです。フルタイムだけでなく医師バイトなどの求人も取り扱っていますので、副業を探している方や、実際に働いてみて職場の雰囲気を知りたいという方も重宝します。

関連情報ページ

TOP > 医師転職と院長について